映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」スチールを担当しました。

スチルを担当させていただいた映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」(主演:岸井ゆきの/監督:森ガキ侑大)が、東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門での正式出品が決定されました。さらに脚本・山﨑佐保子さんによる原作本がノベライズ化決定したりと11月の公開前に嬉しい動きになっているようです。予告編も公開されています。

本ポスター&予告編解禁
映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の本ポスタービジュアルと、本予告編が解禁となりました。
▼▽▼予告編▼▽▼
https://youtu.be/k8DCCbhUnKI

映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』
2017年11月 テアトル新宿ほかにて公開
主演:岸井ゆきの/監督:森ガキ侑大
■公式サイト
http://ojiichan-movie.com/
■Twitter
https://twitter.com/ojiichanmovie
■Instagram
https://www.instagram.com/ojiichanmovie/

写真はこちからご覧いただけます。
http://nishiyamaisao.com/gallery-category/series/…

原作本「おじいちゃん、死んじゃったって。」発売開始

脚本の山﨑佐保子さん著、原作本「おじいちゃん、死んじゃったって。」(幻冬舎文庫刊)が、10月6日(金)より全国書店他にて発売されました。表紙に撮影させていただいたビジュアルが使用されています。
ご興味がある方は、こちらからご購入いただけます。
amzon
https://www.amazon.co.jp/dp/4344426649


「Making Things」Vol.7「Julianne Ahn」取材・撮影を担当しました

地道にそして着実に活動を続けている『Making Things. 』第7話では、NY・ブルックリンの西端レッドフックへ、セラミックアーティストのジュリアン・アンさんを訪ねました。フィラデルフィア、ベルリンと拠点を移してきた彼女が、信頼できるアーティストとの出会いを機に身の振り方を決意した話なんかは、今の自分の置かれた状況と重なって本編とは関係ないところで深く頷かされた。クリエイターとして”生き残る”って考えはあんまり得意でないけれど、そうやって同じ感覚の人たちと結びつくためには、やっぱりそういう場にちゃんといる必要があるし、自分なりの魅力や違いを備えている必要があることをインタビューを通して強く感じました。
http://makingthings-matureha.com/vol-7/

A ceramic artist Julianne Ahn, based in Red Hook, western Brooklyn, started her handmade ceramic brand “Object & Totem” in 2011. Her mysteriously beautiful tableware and flower vases have become hugely popular among the devotees with the earthy color and surface texture, as if they were dug up from the ground, and the bold design of neo-futuristic geometrical patterns. Julianne began creating pottery in her hometown Philadelphia and moved to Berlin and to Brooklyn. We interviewed her about her daily life, her view on craftsmanship, and how to survive as an artist in a place like NYC where has been attracting a number of creators.

「九十九島パールシーリゾート」15秒CM・60秒 撮影を担当しました

佐世保にある九十九島パールシーリゾートの15秒CM及び、特設サイト用60秒ムービーを撮影しています。水族館や動物園、無人島や遊覧船で、子供たちのはじめての瞬間にポロリとこぼれるリアルな言葉や、きらきらした眼差しをひたすら追いました。ハラハラしながら我が子を見つめる親御さんたちの愛を背中に強く感じた愛情あふれる現場でした。
九十九島パールシーリゾート特設サイト
http://hajimete99.pearlsea.jp/

 

「Making Things」Vol.6「竹内紙器製作所」取材・撮影を担当しました

帽子ブランドmature ha.によるウェブマガジン「Making Things」Vol.6が更新されました。今回は横浜市にある「竹内紙器製作所」を取材しています。PAPIER LABO.をはじめF/styleやYAECAなど、鋭い審美眼を持つメイカーたちを相手に、どんな風にオリジナルの箱が生み出されていくのか。次期三代目を担う製箱職人の堀木淳一さんにお話をうかがいました。
http://makingthings-matureha.com/vol-6/

New issue of the web mag “Making Things” by mature ha. is now released.
Takeuchi Paper Craftsman’s Factory, located in Kanazawa Ward in Yokohama, was founded in 1948. Since then, they have been making rigid paper boxes and straight-stapled boxes as well as letterpress, foil stamp, and sticker printing. Now, those paper boxes created by this long-established factory are attracting brands and creators who want distinctive handwork. Their modern, simple yet beautiful paper boxes, which can be recognized as products themselves, have been created in collaboration with young and energetic clients such as PAPIER LABO., F/style, YAECA and CLASKA.

【トークイベント】『ATLANTIS zine』刊行記念「僕たちが雑誌を作る理由」

【トークイベントのお知らせ】
6月30日(金)SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSにて、出版レーベルPLANCTON編集長の加藤直徳さんとお話させていただきます。

雑誌『NEUTRAL』『TRANSIT』の生みの親であり、長く編集長として唯一無二の世界観を雑誌で表現されてきた加藤さんが、新雑誌創刊に向けて、雑誌を作る過程を追う『ATLANTIS zine』を刊行されます。両誌のファンとして、また仕事として関わってきたフォトグラファーとして、そしてスケールは違えど本を作る編集者として、雑誌の枠を越え様々なお話ができればと思います。

雑誌『NEUTRAL』『TRANSIT』の元編集長であり、現在はデザイン会社SOUP DESIGNの出版レーベルPLANCTONで編集長を務める加藤直徳さんが雑誌を作る過程を追う『ATLANTIS zine』(全6号)を、2017年6月〜2018年3月にかけて刊行します。その刊行を記念したトークイベントを、6月30日に開催します。

トークイベントには、加藤直徳さんと、『ATLANTIS zine』01号にも登場している『Studio Journal knock』編集長・西山勲さんをゲストにお迎えし、旅をしながら雑誌を作ってきた編集者同士、「雑誌」と「旅」と「人生」について存分に語り合っていただきます。お二人は、何十年後の世界の片隅に“いるかもしれない”読者に、雑誌という形で、何を伝えたいのでしょうか?

[開催概要]
『ATLANTIS zine』刊行記念トークイベント
『ATLANTIS zine』編集長・加藤直徳さん×『Studio Journal knock』編集長・西山勲さん
「僕たちが雑誌を作る理由」

■日時:2017年6月30日(金)19時30分-21時00分(開場 19時00分)
■会場:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS 渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
■定員:50名
■参加料:1,000円
■お申し込み:http://www.shibuyabooks.co.jp/event/

■ゲスト
加藤直徳(かとう・なおのり)さん
1975年生まれ。編集者。白夜書房に勤務していた2004年、トラベルカルチャー誌『NEUTRAL』を創刊。08年『TRANSIT』に改名し、講談社より刊行。16年9月発売の33号まで編集長を務める。現在は、デザイン会社SOUP DESIGNの出版レーベルPLANCTONで、新雑誌『ATLANTIS』の創刊に向け準備中。

西山勲(にしやま・いさお)さん
1977年生まれ。熊本・戸馳島を拠点に活動する編集者・写真家・グラフィックデザイナー。2013年に世界のアーティストの日常をドキュメントするビジュアル誌『Studio Journal knock』を創刊。旅をしながら世界各地のアーティストを取材し、編集・制作・発行まで旅先で行うスタイルで、これまでタイ・カリフォルニア・ポートランド・中南米・ヨーロッパと5タイトルを発行。年末には新刊第6号を発行予定。

★加藤直徳さんによる、雑誌を作りたい人に向けた連続講座の開催も決定しました。詳細は6/30のトークイベントでいち早くお知らせいたします。

 

濱田英明写真展「遠い太鼓」

10/1から山口・山本写真機店にて開催される濱田英明写真展「遠い太鼓」。その初日10/1に、写真家の濱田英明さんによるトークイベントにゲストとして参加させていただくことになりました。さらに先日福岡でお会いした、Water Water Camelの齋藤キャメルさんの音楽ライブも開催されるとのこと。ぜひこの機会にお越しください。
濱田英明写真展「遠い太鼓」
会期:2016年10月1日(土)〜10日(月)9:00〜19:00(日・祝日は18:00)
場所:GRAFTO(山本写真機店内)
●オープニングイベント(濱田英明来場)
日時:2016年10月1日(土)
14:00〜15:00 トークショー(ゲスト:西山勲)
19:00〜20:00 音楽ライブ(ゲスト:齋藤キャメル)
20:00〜21:00 立食パーティー
●トークショー
「Studio Journal knock」の西山勲さんをゲストに迎え、旅について、写真についてお話ししていただきます。
定員:30名、料金:2,,000円
●音楽ライブ&立食パーティー
「WATER WATER CAMEL」の齋藤キャメルさんによる音楽ライブを開催します。終了後にはゲストとフリートークを楽しむ立食パーティーも。
定員:30名程度、料金:4,000円
山本写真機店


PHOTO EXHIBITION “GOSIA”

「Gosia」
ポーランド南部にある都市クラコウで出会ったパフォーマンスアーティストのゴシュア。
彼女のアパートで過ごしたある夏の日の午後。
【EXHIBITION】

西山勲 写真展「Gosia」
[会期]2016.9.16(fri)-10.5(wed) ※9/21・28休廊
[時間]平日 13:00-20:00 / 土日 11:00-20:00
[会場]MARÜTE GALLERY
(香川県高松市北浜町3-2 北浜alley-i)
[入場料]無料

【EVENT】
西山勲トークイベント
[日時]9/30(fri)19:00〜(受付18:30〜)
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場料]1,000円 +1ドリンク
参加申込はこちらからお願いいたします。
https://goo.gl/forms/z24B9yIB8ZQzBicI3



%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-01
marute-14marute-16marute-21marute-9marute-11

Talk Event “JAPANGRAPH”

5月11日(日)〜 大阪のiTohenさんで開催される「JAPANGRAPH(ジャパングラフ)第6号 愛知 出版記念展」のトークイベントに参加させていただきます。JAPANGRAPHという雑誌を知ったのは、今年1月にiTohenさんで開催した写真展「Behind The Scene」の期間中のこと。美しい佇まいの表紙に惹かれ手にとりました。じっくりと丁寧な取材、静けさや温かさがじんわり伝わる写真に見惚れて購入しました。iTohenのオーナー、鰺坂さんにその本について聞いてみると写真家であり発行人である森善之さんによる出版物で、日本全国の都道府県ごとに土地土地における風土と人々の生活、文化を見つめながらゆっくりと発行されていることを知りました。これはぜひお会いしていろいろとお話をお伺いしてみたいと思っていたところに今回のトークイベントの機会をいただいたのでした。なかなか自費出版をされている方とその実をお話する機会を持つことがなかったので、森さんにお会いするのがとても楽しみ。ぜひご興味のある方はご参加いただければ幸いです。
japangraphconcept_bg flyer

JAPANGRAPH 6号 愛知 出版記念展 トークイベント
日時:2016年5月15日(日) 15:00~約1時間を予定
定員:40名
参加費:¥1,000(1ドリンクをお付けして)
スピーカー:森善之
ゲスト:西山勲(Studio Journal knock
トークイベントにご参加のお客様は
お電話 06-6292-2812 まで、またはEメール ito_hen@skky.info までお気軽にお問い合わせください。

七雲 Japan graph 6号 愛知編 出版記念展
2016年5月11日(水)~22日(日)
11:00~18:00

iTohen Books Gallery Coffee
open 11:00-18:00
月・火曜 定休日
〒531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
Tel 06-6292-2812 Fax 06-6292-2789 
E-mail ito_hen@skky.info