【トークイベント】『ATLANTIS zine』刊行記念「僕たちが雑誌を作る理由」

【トークイベントのお知らせ】
6月30日(金)SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSにて、出版レーベルPLANCTON編集長の加藤直徳さんとお話させていただきます。

雑誌『NEUTRAL』『TRANSIT』の生みの親であり、長く編集長として唯一無二の世界観を雑誌で表現されてきた加藤さんが、新雑誌創刊に向けて、雑誌を作る過程を追う『ATLANTIS zine』を刊行されます。両誌のファンとして、また仕事として関わってきたフォトグラファーとして、そしてスケールは違えど本を作る編集者として、雑誌の枠を越え様々なお話ができればと思います。

雑誌『NEUTRAL』『TRANSIT』の元編集長であり、現在はデザイン会社SOUP DESIGNの出版レーベルPLANCTONで編集長を務める加藤直徳さんが雑誌を作る過程を追う『ATLANTIS zine』(全6号)を、2017年6月〜2018年3月にかけて刊行します。その刊行を記念したトークイベントを、6月30日に開催します。

トークイベントには、加藤直徳さんと、『ATLANTIS zine』01号にも登場している『Studio Journal knock』編集長・西山勲さんをゲストにお迎えし、旅をしながら雑誌を作ってきた編集者同士、「雑誌」と「旅」と「人生」について存分に語り合っていただきます。お二人は、何十年後の世界の片隅に“いるかもしれない”読者に、雑誌という形で、何を伝えたいのでしょうか?

[開催概要]
『ATLANTIS zine』刊行記念トークイベント
『ATLANTIS zine』編集長・加藤直徳さん×『Studio Journal knock』編集長・西山勲さん
「僕たちが雑誌を作る理由」

■日時:2017年6月30日(金)19時30分-21時00分(開場 19時00分)
■会場:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS 渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
■定員:50名
■参加料:1,000円
■お申し込み:http://www.shibuyabooks.co.jp/event/

■ゲスト
加藤直徳(かとう・なおのり)さん
1975年生まれ。編集者。白夜書房に勤務していた2004年、トラベルカルチャー誌『NEUTRAL』を創刊。08年『TRANSIT』に改名し、講談社より刊行。16年9月発売の33号まで編集長を務める。現在は、デザイン会社SOUP DESIGNの出版レーベルPLANCTONで、新雑誌『ATLANTIS』の創刊に向け準備中。

西山勲(にしやま・いさお)さん
1977年生まれ。熊本・戸馳島を拠点に活動する編集者・写真家・グラフィックデザイナー。2013年に世界のアーティストの日常をドキュメントするビジュアル誌『Studio Journal knock』を創刊。旅をしながら世界各地のアーティストを取材し、編集・制作・発行まで旅先で行うスタイルで、これまでタイ・カリフォルニア・ポートランド・中南米・ヨーロッパと5タイトルを発行。年末には新刊第6号を発行予定。

★加藤直徳さんによる、雑誌を作りたい人に向けた連続講座の開催も決定しました。詳細は6/30のトークイベントでいち早くお知らせいたします。

 

濱田英明写真展「遠い太鼓」

10/1から山口・山本写真機店にて開催される濱田英明写真展「遠い太鼓」。その初日10/1に、写真家の濱田英明さんによるトークイベントにゲストとして参加させていただくことになりました。さらに先日福岡でお会いした、Water Water Camelの齋藤キャメルさんの音楽ライブも開催されるとのこと。ぜひこの機会にお越しください。
濱田英明写真展「遠い太鼓」
会期:2016年10月1日(土)〜10日(月)9:00〜19:00(日・祝日は18:00)
場所:GRAFTO(山本写真機店内)
●オープニングイベント(濱田英明来場)
日時:2016年10月1日(土)
14:00〜15:00 トークショー(ゲスト:西山勲)
19:00〜20:00 音楽ライブ(ゲスト:齋藤キャメル)
20:00〜21:00 立食パーティー
●トークショー
「Studio Journal knock」の西山勲さんをゲストに迎え、旅について、写真についてお話ししていただきます。
定員:30名、料金:2,,000円
●音楽ライブ&立食パーティー
「WATER WATER CAMEL」の齋藤キャメルさんによる音楽ライブを開催します。終了後にはゲストとフリートークを楽しむ立食パーティーも。
定員:30名程度、料金:4,000円
山本写真機店


PHOTO EXHIBITION “GOSIA”

「Gosia」
ポーランド南部にある都市クラコウで出会ったパフォーマンスアーティストのゴシュア。
彼女のアパートで過ごしたある夏の日の午後。
【EXHIBITION】

西山勲 写真展「Gosia」
[会期]2016.9.16(fri)-10.5(wed) ※9/21・28休廊
[時間]平日 13:00-20:00 / 土日 11:00-20:00
[会場]MARÜTE GALLERY
(香川県高松市北浜町3-2 北浜alley-i)
[入場料]無料

【EVENT】
西山勲トークイベント
[日時]9/30(fri)19:00〜(受付18:30〜)
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場料]1,000円 +1ドリンク
参加申込はこちらからお願いいたします。
https://goo.gl/forms/z24B9yIB8ZQzBicI3



%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-01
marute-14marute-16marute-21marute-9marute-11

Talk Event “JAPANGRAPH”

5月11日(日)〜 大阪のiTohenさんで開催される「JAPANGRAPH(ジャパングラフ)第6号 愛知 出版記念展」のトークイベントに参加させていただきます。JAPANGRAPHという雑誌を知ったのは、今年1月にiTohenさんで開催した写真展「Behind The Scene」の期間中のこと。美しい佇まいの表紙に惹かれ手にとりました。じっくりと丁寧な取材、静けさや温かさがじんわり伝わる写真に見惚れて購入しました。iTohenのオーナー、鰺坂さんにその本について聞いてみると写真家であり発行人である森善之さんによる出版物で、日本全国の都道府県ごとに土地土地における風土と人々の生活、文化を見つめながらゆっくりと発行されていることを知りました。これはぜひお会いしていろいろとお話をお伺いしてみたいと思っていたところに今回のトークイベントの機会をいただいたのでした。なかなか自費出版をされている方とその実をお話する機会を持つことがなかったので、森さんにお会いするのがとても楽しみ。ぜひご興味のある方はご参加いただければ幸いです。
japangraphconcept_bg flyer

JAPANGRAPH 6号 愛知 出版記念展 トークイベント
日時:2016年5月15日(日) 15:00~約1時間を予定
定員:40名
参加費:¥1,000(1ドリンクをお付けして)
スピーカー:森善之
ゲスト:西山勲(Studio Journal knock
トークイベントにご参加のお客様は
お電話 06-6292-2812 まで、またはEメール ito_hen@skky.info までお気軽にお問い合わせください。

七雲 Japan graph 6号 愛知編 出版記念展
2016年5月11日(水)~22日(日)
11:00~18:00

iTohen Books Gallery Coffee
open 11:00-18:00
月・火曜 定休日
〒531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
Tel 06-6292-2812 Fax 06-6292-2789 
E-mail ito_hen@skky.info

 

CHARITY PHOTO EXHIBITION “Ima/COLOR”

5月3日より山口・宇部の山本写真機店さんにて開催中の熊本と大分に向けた震災チャリティー写真展「Ima/COLOR」に参加しています。プリントを購入していただいたお金は全額被災地復興支援にあてられます。
熊本・大分大震災チャリティー写真展「Ima/COLOR」
会期:2016年5月3日(火)〜5月22日(日)9:00〜19:00(日・祝日は18:00)
場所:GRAFTO(山本写真機店内)
出展作家:浅田政志、在本彌生、内田ユキオ、西山勲、ハービー・山口、濱田英明(50音順・敬称略)
オンラインでもご注文できますのでぜひご協力をよろしくお願いいたします。
Ima/COLOR 特設ページ
ImaColor

Charity Photo Exhibition “Ima/COLOR” for Kumamoto & Oita Earthquake Relief Efforts

Buying photographs to support Kumamoto and Oita Earthquake Relief Efforts. Devastating earthquakes continuously hit Kumamoto Prefecture and Oita Prefecture. The damage was extensive, and still more than 30,000 people are staying in shelter. In such a situation, Yamamoto Camera which is one of the most important photo studio for me decided to hold this charity photo exhibition with the help of great Japanese photographers / artists.
They sell my prints with JPY10,000- per a print. All proceeds will be donated for areas damaged by earthquake. If you agree with our idea, we are begging you to buy prints.
You can see how to buy prints here.
http://yamamotocamera.jp/exhibition/exhibition_imacolor.html
*Photo frame is not attached to the prints. Only prints are available.
Exhibiter
Masashi Asada
Yayoi Arimoto
YukioUchida
Isao Nishiyama
Herbie Yamaguchi
Hideaki Hamada
Special Thanks
Chalkboy
Satoshi Fujimoto

オンライン購入について
購入したい作品のOrder No.(画像をクリックすると左下に記載されています)と氏名・電話番号・住所を記入のうえ、弊社メールアドレス(contact@yamamotocamera.jp)にお送りください。お振込先を記載したメールをお送りいたします。お振込の確認が取れ次第、作品を着払いにて発送いたします。
*額は付属しません。プリントのみの販売となります。
*作品の販売は先着順(IMA-HY01のみ10枚。他は各20枚限定)となります。
*お電話での申し込みも受け付けております。下記連絡先をご参照ください。
●プリントの購入についてのお申し込み・お問い合わせはこちら*
山本写真機店
TEL:0836-31-5005
MAIL:contact@yamamotocamera.jp

How to buy photographs:
To order photographs, please E-mail us (contact@yamamotocamera.jp) with the following information:
1. Your name, 1. Phone number, 3. Postal address and 4. Order number of Photograph.
When you recieve Invoice from us, please fulfill payments via Paypal within 30 days. After the payment is confirmed, we will send a parcel C.O.D..
* Photo frame is not attached to the prints. Only prints are available.
All prints are limited to 20 editions. (Only “IMA-HY01” is limited to 10 editions)

For Offer/Inquiry
Yamamoto Camera
TEL:+81-0836-31-5005
MAIL:contact@yamamotocamera.jp

PHOTO EXHIBITION “mindscapes”

大阪・心斎橋にあるギャルリ・キソウにて、5月3日(火)より写真展「mindscapes」を開催いたします。今年2月のリニューアルオープン記念の写真展「とある旅の名前」に参加させていただきました縁もあり、今回個展開催のお話をいただきました。今展示では、Studio Journal knockの誌面に掲載される写真とは異なるセレクトで展開します。オーナーのシノハラトモユキさんとともにギャラリートークも5/7(土)に開催いたしますので、どうぞご都合よろしければご参加くださいませ。mindscapes_visual
mindscapes
“美しい景色を目にし、忘れられない出会いや別れを繰り返したとしても
背中には背負った重い荷物とは別物のどっしりとした侘しさがいつも覆っている。
旅が長引くにつれ、心の奥にどこか世界から切り離されたような
不安な感覚が棲みつくようになってしまった。
だけど、そんな慢性的な気の落ち込みの中で異国を歩くということは、
あらゆる可能性に期待し浮かれた気分でいた旅の初期より、
表現者としてずいぶんマシな状態だと思える。
ザグレブ郊外の薄暗いアパートとモスクワの雑居ビルの隙間で一服する証券マン。
チャオプラヤ川支流に佇む青年とボスニア市街地を走る路面電車。
なぜシャッターを押したのかすら思い出せない、一見無意味に思える場所や、
わずかな時間のズレで、出会うことのなかったはずの人々。
こうした特定の文脈から切り離され、浮遊するイメージの中にこそ
行くべきであった場所、見るべきであった風景が写っている。”

開催日:2016年5月7日(土) – 22日(日)
開場時間 : 12:00 – 20:00(水曜休廊)
※ 5/2(月)は休廊、5/4(水)は祝日のため営業となります。
開催場所:GALERIE KISOU(ギャルリ・キソウ)
〒542-0081 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1
tel : 06-6282-5533

トークイベント
開催日時:5月7日(土) 16時から2時間程度
参加費:1000円
会場:アクリュラボ(アクリュショップから歩いて5分程)
定員:20名 
お申込み等はこちらからよろしくお願いいたします。


PHOTO EXHIBITION “Behind The Scene/EUROPE”

山口県宇部市のギャラリーGRAFTO(山本写真機店内)さんにて写真展を開催します。Issue5 EUROPEから手焼きプリント20点を展示します。お近くの方はぜひお越しください。
4/16(土)のオープニングでは「写真スライド&トークイベント」を、翌日17(日)は「写真を見せるZINE制作ワークショップ」を開催いたします。ご興味おありの方は、ぜひお申し込みください。
Print


EXHIBITION

西山勲写真展「Behind the Scene」
会期:2016年4月16日(土)〜4月30日(土)
会場:GRAFTO (山本写真機店内)

EVENT
西山勲 写真スライド&トークイベント
日時:2016年4月16日(土)19:00〜22:00
会費:3,000円(立食パーティー代含む)
会場:GRAFTO (山本写真機店内)

写真を見せるZINE制作ワークショップ
日時:2016年4月17日(日)13:00〜15:00
会費:2,000円
定員:20名
会場:GRAFTO (山本写真機店内)

山本写真機店
〒755-0045 山口県宇部市中央町1-9-15
TEL:0836-31-5005

001 002 003

PHOTO EXHIBITION “とある旅の名前”

ギャルリ・キソウ企画展 『とある旅の名前 』
皮を使ったカメラグッズで人気の大阪Acru(アクリュ)に併設するギャラリー「ギャルリ・キソウ」にて、写真家の濱田英明さん、LUKETHのNoritoさんとともに写真展『とある旅の名前』を開催させていただきます。
Acru Webサイト

作家/濱田 英明NORITO 西山 勲
会場/ギャルリ・キソウ
〒542-0081 大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル西側B1
期間/2016年2月22日(月)〜 3月6日(日) 12:00 – 20:00(最終日のみ18:00)水曜休廊
トークイベントへご参加ご希望の方は下記へお問い合わせください。
TEL : 06-6282-5533
005

Studio Journal knock: issue5 EUROPE

スタジオ・ジャーナル・ノック「ヨーロッパ」を2月20日に発売開始いたします。
 5冊目となるStudio Journal knockが、前号ラテンアメリカ発売から1年がかりでようやく発売日をむかえます。今号のメインとなる舞台はエーゲ海に浮かぶギリシャ・クレタ島。 海と密接に関わりながら小さなボートで生活する、ふたり組のフランス人アートデュオ「Forlane6Studio」との出会いが物語の始まりです。僕は 初めて目にした彼らの独創的な海中インスタレーションに心を奪われ、その数々の美しい作品がどのように生み出されるのか強い興味を覚えました。そしてレンヌの自宅で休暇中だというデュオのひとり、オーテンス・ル・キャルヴェを訪ねます。豊かなブルターニュの景観に抱かれて愛犬ダーウィンとともに過ごす一週間の夏休み。僕はあの美しい芸術が生まれる源流を見つけたような気分で、彼女の言葉ひとつひとつに聞き入りました。それから9ヶ月後、オーテンスから一通のメールを受け取ります。海中でのインスタレーションを取材する機会を得た僕は、あらためて彼女と再会することになりました。地中海に浮かぶ島コルシカ島の美しい自然を舞台に繰り広げられる、彼らのクリエーションに密着するなかで、衝撃的ともいえるアートが生まれる瞬間を目にすることができました。
 そのほか、パリでは若きアーティスト、シャルロット・カロン、日本でも人気の高いナタリー・レテ、スペインの港町ア・コルーニャでは、画家のヨランダ・ドルダ、ロンドンでは日本人アーティストの宮崎千絵、友人のローラ・カーリンとルーク・ベストの自宅を訪問。真冬のロシア・モスクワでは、レナ・スネギレヴァとリヤ・スブニト夫婦、イタリア北部チロル地方の山あいにある彫刻の町オルティゼーイでは双子の息子とともに彫刻家として活動するウィリー・ヴェルギナーを訪ねました。
 まだ誰も目にしたことのないものを信じること。そこに到達するまでのあまりにも不確定で、見返りのない孤独な道のり。アーティストの人生を投じたそんな生き方に僕はいつも敬意を抱きます。ゆるぎないその信念がいつしか身を結ぶ場面に立ち会ってみたい。そうした知られざる物語を共有したい。そんな思いでページを重ねてまいりました。ぜひ一度、手にとっていただけますと嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

issue5_bookimage_EUROPE-1